FUJITA雑感

『売れてる美容師』と『上手い美容師』

結構、美容師同士で話してるとこういう話になる事、多いネタ。

そして、この手の話をしだすと大体、カオスな状態になるw

 

でも自分はスタッフによ〜く、こういう話します。

いつもスタッフに、この手の話をしてるのにも関わらず今日のブログはスタッフに向けて的な感じになっちゃいそう。

 

「じゃー店で直接話せよ!」って事になりますが

直接話すのと、文章にするのって違うし、話し出すと熱くなってしまって話したい事が話せずに終わる事多いタチなので…

書かせてもらいます。

 

まずスタッフに限らずにR.idに参加してくれた理美容師さんなんかに

(技術が)「上手い理美容師がいいか?上手くない理美容師がいいか?」って聞くと

『そりゃ〜(技術が)上手い理美容師の方がいい!』って、ほぼ100%、皆さんがそう答えます。

 

そして同じように

「売れてる美容師がいいのか?売れない理美容師がいいのか?」って聞くと

『そりゃ〜売れてる理美容師の方がいい!』って、ほぼ100%、皆さんがそう答えます。

 

もちろん『売れてて』『上手い』美容師が最強だと思うですが、、、

ぶっちゃけ『上手い』っ思ってても、イマイチ『売れてない』美容師さんているでしょう。

 

まー『上手くなくて』『売れない』ってのが何か1番寂しい感じですが、、、

 

正直、『売れてて』『上手くない』美容師ってのも現実いると思う。

(上手い下手や、売れてる売れてないの定義を話し出すとこれまたカオス状態になるんで、あくまで私見での範囲の話)

 

じゃあ、その『売れてて』『上手くない』美容師には、あって。

『上手くても』イマイチ『売れてない』美容師さんと『上手くなくて』『売れない』美容師さんにはない..

もしくは弱いんじゃないかな〜って思う事 いろいろ あると思うんです。

その中の、ひとつの話をしてみたいと思って書いてます。

 

 

先日、ヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんがTVに出ていました。

以前から、その歯に衣を着せぬ口調で率直な印象のキャラクターが気にいってました。綺麗ですし^_^

彼女はもっと、みじかにクラシックを感じてもらうために色々な取り組みをされてるみたいなんです。

その一つに女子十二楽坊をパクって(本人がそう言ってました)

若い女の子を雇い「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」ってのをやってます。

その「12人のヴァイオリニスト」一人一人が舞台で自己紹介しながら高嶋さんと掛け合いをする場面があって

その、前リハーサルで ある新人の若い子に高嶋さんが結構キツめにダメ出しされてました!

ヴァイオリンの腕も消極的でイマイチだったみたいな印象の子だったんです。

結局、その子は降板させられ違う方が代役として参加。

 

その時に印象的だった 高嶋ちさ子さんの言葉。。

『ヴァイオリンの腕もイマイチなくせに自己紹介なんかも、ろくにできないんじゃどこで勝負するのよ!!』

的な事を仰ってた。

要は、ヴァイオリンの腕もイマイチなのにトークも??って事ですねー。

体裁よくそれなりに上手くこなしときゃいいだろうっていう的な、、、

自分には、そういう風に見えちゃました〜。 かわい子ちゃんだったけどw

 

実はコレ、、、

『上手くなくて』『売れてない』

状態に近いし、似てるんじゃないかと。。

 

トークってのだけにフォーカスしちゃうと、とにかく「うまく、おもしろく話さなきゃ」って思っちゃうかもだけど多分そういうワケじゃなくて

自分が思ったのは「伝える力」みたいなのが弱いからなんじゃないかと思ったし、思ってるんですね〜。

別にアホみたいに、とにかくお客様とトークしなきゃとかじゃなくてね。

そしてトーク力はプレゼン力に置き換える事ができると思います。

それが、『伝える力』

 

要は ヴァイオリンの腕=(技術力) トーク力=プレゼン力=(伝える力)に、置き換えて考えると解りやすい。

 

そして多分、あんまり話さなくても売れてる美容師さんも沢山いると思う。

むしろ売れてる人ほど無駄話はしない。というかする時間がないと思う。

でも多分、なんかしらそういう人たちは「伝える力」が、強かったり魅力的だったりする気がします。

特に現代ではウェブで伝える事が出来る! だから話す事だけが『伝える力』ってワケじゃない。

直接会って喋らんでもウェブで大概の事が伝える事が出来ちゃう。

それで、この人(美容師)は、こういう人なんだな〜って粗方、理解してもらえる。

そんで興味を持ってもらえる。

いい時代ですね。

 

 

話は戻って

今もし、それか、まだ

『上手くなくて』『売れてない』 なら

まず『伝える力』を自分なりに上手く使えば良いんじゃないかと思ってるんです。

 

僕ら技術職の『技術力』ってそう簡単にレベルアップしない!

一丁前の技術を身につけるまで、それなりの時間がかかるは事実。一朝一夕にはチョー上手くならないワケです

もちろん、上手くなるための努力は常に必要ですねー!

 

でも『伝える力』は、今持ってるもので充分、勝負できたりするワケです。

ブログとかSNSとかね。

だったら使わない手はない!今すぐにでも使える即戦力です。

キャラ設定とかどうなんでも良いし、ありのままでいい。

ブログの文章だってどんなのでも良い。長くてもいいし、短くてもいい。

私みたいに、くどくてもいい…

そんなん好きにやりゃ〜いいんじゃないかと。

そんなん気にするより書きたい事や、載せたい写真載せりゃ〜いいんです。

そっからスタート!

自分の、このブログもリスタート!

好きに書いてます( ̄(工) ̄)

 

(もちろん『伝える力』はウェブ関連だけではありません。)

 

時代は目まぐるしく変わっていってるらしいけど

その時代にあったツールを上手く利用しながら使ってけばいいんじゃないかな。

 

そして時代は目まぐるしく変わっていっても

根本的な部分ってそう簡単には変わらないと思う。

 

まずはやる!

とにかく、やる!

 

「気合だ!気合だ!気合だーーーーっ!!!」by アニマル浜口(爆)

 

 

 

 

P.S

とりあえず前回からブログ続きましたw

 

The following two tabs change content below.
藤田 洋介

藤田 洋介

オーナーRIFF
1976年、青森県黒石市生まれ。美容室『RIFF』を運営。プロの理美容師を対象としたカットスクール『R.id』も主宰している。 『共育』をモットーに自サロンでも主宰しているカットスクールで指導中。【美容師】【経営者】について勉強・成長していきながら、多方面に活動していく予定。いずれは趣味のアウトドア関係の事業を起こす計画を画策中w
藤田 洋介

最新記事 by 藤田 洋介 (全て見る)

関連記事

  1. FUJITA雑感

    年末の休みを過ごしながら仕事始めをしてみて思う事

    あけまして おめでとうございます!本年もよろしくお願いします!…

  2. FUJITA雑感

    質問の仕方

    自分は店ではオーナーですし、カット講習(R.id)でも教える立場にあり…

  3. FUJITA雑感

    引退

    以前、うちの店の隣は自動車の電装関係の修理工場でした。この辺(…

  4. FUJITA雑感

    どんな「ジンザイ」になりたいか

    いきなりですが、『結果』を出すって大事な事だな〜って思うんです。…

  5. FUJITA雑感

    どうせ買う(消費)するなら

    僕は、ほぼ毎日のようにコーヒーを2杯くらい飲むのですが、ひとつはサーモ…

  6. FUJITA雑感

    美容師の練習

    僕ら美容師は技術職。当然ながら『技術』を身につけていかなければお客…

プロフィール



RIFF代表 藤田 洋介

青森県弘前市でヘアサロンを経営しています。
R.idというカットスクールもやっています。

カテゴリー

最近の記事

2018年9月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. FUJITA雑感

    年々「1年早いな」って感じるけども
  2. FUJITA雑感

    再始動
  3. FUJITA雑感

    2017年からのコト
  4. FUJITA雑感

    去年の今日のブログから今現在。。
  5. FUJITA雑感

    引退
PAGE TOP